木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 写ルンですレンズでマクロ動画 | トップページ | ポチの毛で?フェルト細工に挑戦!・・・ ①   »

2011年6月16日 (木)

インテリアになじむ気圧計

(昨日のガイガーは文末にグラフあり)

みなさんは、「降りっ気」(ふりっけ)という言葉を使いますか?
天気が悪くなる前に何となく頭が重く感じたり、節々が痛んだり・・・・。
そんな症状のことを言うようです。

私も、体調が天候に左右されることが大きく、今後の天気はいつも気になるところです。
そこで頼りになるのが気圧計。
気圧計の針が上がって来ると、何か心が晴れやかになるような気がします。

P1030520_2
気圧計というと、アネロイド型が一般的ですが、丸い金属製の器に入っていて、見たところ無骨でいかにも測定機器でございます。という風体です。

それでは、なかなか一般家庭の居間の壁面には似合わない。そこで・・・・・。

やはり、ジャンクのアネロイド気圧計の機械部分だけを板に取り付けて壁に掛けてみました。
(過去の作品ですが)
写真は机の上に置いて撮りましたが・・・。

針は、曲がってふにゃふにゃだったので、軽いバルサ材で大きく作りなおしました。
板は栓の木に着色。
難しいのは機械部分が入る四角い穴をいかにきれいにあけるかというところです。
しかしこの作品は穴をあけてありません。
1枚の大きな板から、4つの部品を切り出し、木目を合わせながら貼り合わせてあります。
(上下の長い部分とと穴の左右の部分)

アネロイド気圧計の機械部分は・・・・・

P1030519_2
この写真のようになっています。金色の部分が真空になった金属缶。
そのままでは気圧の力でつぶれてしまうので、板バネで両側から引っ張り、つぶれないよう支えています。
気圧の変化に伴い、缶の表面が微妙に上下するので、その動きが大きな針の動きになるようなしかけになっています。

梅雨真っ盛りですね。このごろ体調がすぐれません。明日は、晴れるかな?

                                           (by たろう)

 ※ 昨日のガイガーカウンター: 20110616

このグラフは自作ガイガーカウンターの安定性評価のために掲載しています。  
未校正の簡略化した機器です。この数値で線量率の判断を行わないで下さい。

  

« 写ルンですレンズでマクロ動画 | トップページ | ポチの毛で?フェルト細工に挑戦!・・・ ①   »

クラフト 木工芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インテリアになじむ気圧計:

« 写ルンですレンズでマクロ動画 | トップページ | ポチの毛で?フェルト細工に挑戦!・・・ ①   »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30