木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 6BX7GT+α 出力管差し替え 全段差動アンプ | トップページ | つる細工~剪定した枝を活かして~ ① »

2011年6月22日 (水)

なんちゃって真空管試験器 自作

オクで真空管を、特にジャンク扱いで入手すると、はたしてちゃんと動いてくれるか心配になりますよね。
真空管アンプビルダーは、ちゃんとした真空管試験器をお持ちでしょうから、かんたんにだめ球かどうか判断できると思います。
私も、欲しいなあ、真空管試験器。。。。 と思っていたのですが、試験器買うんだったらやっぱり部品を買いたい!そこで、ジャンクを組み合わせてなんちゃって試験器を作ってみました。

P1030620  クリックで拡大
 
真空管ソケットはMT9とUSだけ。ソケット手前に黒いターミナルが9本(ソケットの各端子へ)。
よく使う真空管のピン配置や標準動作点をまとめたカードを作って、黒ターミナルの列の手前に置くと、バナナジャックをどこに挿せばいいか、色分けでわかるようにしてあります。(ロールチャートのつもり)

さて、電源ですが、AC100Vをスライダックを通して、なんちゃって試験器内蔵の昇圧トランスにつなげて+Bを得ています。
ヒーター電源はやはりオクでゲットしたジャンクの電源装置1000円を修理。
小さなスライダックでAC100Vの電圧を落とし、それを整流するしかけで、不動品で購入。
ふたを開けてみたらスライダック周りの断線のみのトラブル。ラッキー!! 
20Vまで無段階で、5A程度の出力です。
最後に,バイアス電源は乾電池3個(006P)内蔵。可変抵抗で調整可能。
最大バイアスが-27V程度までかけられます。

計器は、電流計しか写っていませんが、さらにデジタルテスター2つを+Bとバイアス電圧の測定端子にくわえます。

基本的な3極管(または5極管の3結)の静特性が測定できる環境を目指しました。
エミッション不足の判断はもちろん、全段差動アンプをいじる方は、被測定管の定電流時のバイアス量を知りたいですよね。そんな測定もできる一品です。

一つ反省点は、ソケットとターミナルの距離がちょっと近かった。ケーブルが真空管に接触しそうです。

                                           (by たろう)

« 6BX7GT+α 出力管差し替え 全段差動アンプ | トップページ | つる細工~剪定した枝を活かして~ ① »

真空管アンプ 1(6N6P PP 他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なんちゃって真空管試験器 自作:

« 6BX7GT+α 出力管差し替え 全段差動アンプ | トップページ | つる細工~剪定した枝を活かして~ ① »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30