木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 6N6P夏期仕様エコアンプの製作② 半導体の選別 | トップページ | ガイガーカウンター製作 電源のアイデア »

2011年7月10日 (日)

6N6P夏期仕様エコアンプの製作③ シャーシレイアウト決定

シャーシのレイアウトを決める
 
ホームセンターで売っているアルミ板が300mm×150mm。
原典のシャーシのように、縦長のデザインにするには、奥行きが長すぎる。
四方には、アルミ板を支えるわくが付くから実際には150mmよりかなり狭くなる。
ということは、横長に置くデザインしかないだろう。(ここまで決めるのに結構うなって考えた)

横長のデザインでは、やはりシンメトリーなパーツ配置が好きなので、先の16A8のシャーシによく似たものになることが予想される。
 
 
P1030739_3まずは電源トランスを方眼紙の中央に置いて、出力トランスの位置を決める。 
出力トランスにはデジボルをつなぎ、電源トランスにAC100Vを投入。
いろんなレイアウトのパターンを考えながら、誘導の少ない場所を探す。
 
出力トランスを斜めに置くと誘導が少なくなるポイントもあるが、かなり設置に精度が要求されそう。リスクの少ない一直線の配置にする。
できればもう少し出力トランスを前に出したかったのだが、ノイズの少ないレイアウトを選んだ。
右は、トランスの位置決めをしているところ。
 
 
 
次に、基板の配置を考える。トランス間のスペースに収まるように、これもいろいろ試してみる。最後に残った候補が二つ。 
 
 P1030741_3 P1030743   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最終的に、ボリュームから初段入力までの引き回しを長くしたくないので、FETの収まる初段の基板をユニバーサル基板で作ることにして、中央に持ってきてみる。
(アース母線をどうしようか。。。。)
                                        (by たろう)

« 6N6P夏期仕様エコアンプの製作② 半導体の選別 | トップページ | ガイガーカウンター製作 電源のアイデア »

真空管アンプ 1(6N6P PP 他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6N6P夏期仕様エコアンプの製作③ シャーシレイアウト決定:

« 6N6P夏期仕様エコアンプの製作② 半導体の選別 | トップページ | ガイガーカウンター製作 電源のアイデア »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30