木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 木工作家 伴泰幸氏を悼む② | トップページ | 木工作家 伴泰幸氏を悼む 最終回 ~スイングバイ~ »

2011年7月29日 (金)

木工作家 伴泰幸氏を悼む③

P7282244_2

                    伴泰幸作  ロッキングバード

伴さんの作品の特徴は着色を一切せず、自然の木の色を生かしているところです。

しかしさらに魅力的なのは、フォルムにすきがないということです。
その形はなめらかで自然なつながりがあり、曲面でできていながらシャープな感じがするのです。
それに対して、奥様のまり子さんの作品は、なめらかで自然なつながりがあるところは伴さんと共通ですが、そのラインには暖かさがあり、女性的でありながら包容力を感じさせます。
(↓写真左の作品)
伴さんの作品は繊細であるけれどもある意味男性的です。

「四季のウッドクラフト」の文章からも感じましたが、作品からもお似合いのご夫婦だということを感じさせられます。

そしてお二人の作品は、田舎暮らしを大切しながらも都会的なセンスで暮らしている生活感覚がにじみ出ているようです。
 
 P7282249_3P7282276






        

                   (写真作品は、たろう・はなこ所有のもの)

  
伴さんの著書「四季のウッドクラフト」に出てくる暮らしぶりは、演出された面もあるでしょうが、当時、私たちのあこがれでした。

今回、この本の写真を改めて見ると、ラズベリーのジャムあり、背景の小物として手作りのかごありと、このブログにアップしたものがモチーフとなっていることに気づきました。
ペーパーナイフでだけでなく、このような点景が自分の心の底にいつのまにかインプットされ、自然に自分のものになっていたんだなあと思わされました。

伴さんは亡くなられてしまったけど、子供さんたちがCRAFT BANを引き継がれたそうでうれしく思いました。
けれども、そうした形でなくても、このように、ある人の生き方は、知らず知らずのうちに周りの人の生き方に影響し、受け継がれていくのだと思います。
もちろん、伴さんの場合は、その生き方はまず作品に反映し、作品の中にその命が残っているのです。

今回このブログを書くことをきっかけに、改めて伴さんの存在に出会ったような気がします。

私たちは、新たな方向性を求めてこのブログを始めました。
伴さんは私たちが見失いかけていた原点に近いところにいたことに気づかされ、これから進めむべき道を指し示して下さっているように思います。

心よりご冥福をお祈りいたします。

小淵沢のCRAFT BANを久々に訪ねてみたいと思います。

            (さらに続く)
                                        (by はなこ・たろう)

« 木工作家 伴泰幸氏を悼む② | トップページ | 木工作家 伴泰幸氏を悼む 最終回 ~スイングバイ~ »

クラフト 木工芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木工作家 伴泰幸氏を悼む③:

« 木工作家 伴泰幸氏を悼む② | トップページ | 木工作家 伴泰幸氏を悼む 最終回 ~スイングバイ~ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30