木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 折り紙~薔薇とトカゲ~ | トップページ | カンカラ三線 バージョンアップ版製作 ② »

2011年8月20日 (土)

カンカラ三線 バージョンアップ版製作 ①

以前、たろうがカンカラ三線で遊んでることについて書きました。
その後も懲りずに練習に励んでいますが、なかなか上達しません。

「どうもカンカラ三線の缶の大きさがよくない。」とたろうは考えています。
缶の高さが14cmもあるため、メ○ボ気味のおなかと干渉していると思われるわけであります。

さらに、竿の形状についても、完成を目標に置いたため、難しい加工を避けるような設計にしてあります。
そのためギターペグが付けられる最小幅ということで33mmの太さがあります。
これはちょっとチル(弦)をおさえにくい。もっと細い竿にしたい。

この2点を改善したカンカラ三線を作れば、きっと上達するだろう、そんな希望的な野望を抱いてバージョンアップをすることにしました。

製作にあたり、浅くて直径のおおきな缶を探すことから始まります。
見つけたのが直径17cm、、深さ6.5cmのお菓子の入っていた缶。これはイイ。

せっかくだからルーターやトリマーを使った加工のスキルアップを目指して、竿もちょっと気合いを入れて作って行こうと決心。
テンプレートを作りならい加工に挑戦です。

以下、製作の様子を書き留めておきます。

P8190248 竿の材料は、真空管アンプの側板に使うナラの角材。
いよいよ在庫が少なくなり、今回は仕方なく白太部分を使用しました。
まず、ルーターテーブルでこばの平行を出しながら幅34mmに削ります。 
この寸法はギターペグの巻き取り部分の長さから決め出しました。


P8190249 次に缶にささる部分を細く削り出します。15mm×15mmで長さ20cm。
これは、缶の直径から寸法を決めました。この部分の加工は結構、めんどう。
ルーターテーブル、のみ、治具付き丸のこ(過去に詳述)などを駆使して作業します。
まあ、缶の中に隠れる部分。見えなくなる部分ではありますが、ていねいな作業を心がけます。

              (by たろう)

« 折り紙~薔薇とトカゲ~ | トップページ | カンカラ三線 バージョンアップ版製作 ② »

クラフト 楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カンカラ三線 バージョンアップ版製作 ①:

« 折り紙~薔薇とトカゲ~ | トップページ | カンカラ三線 バージョンアップ版製作 ② »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31