木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 10EW7 3段化全段差動PPアンプ製作 ⑫ | トップページ | つるの季節到来① あけびの蔓とムラサキシキブ »

2011年10月21日 (金)

10EW7 3段化全段差動PPアンプ製作 ⑬

Pa132370
完成。 長時間露出で撮ってみました。ヒーターの灯りはいつ見てもいいもんです。

さて、本アンプの特性ですが・・・・。
               Lch      Rch
        利得   40倍     38倍     ・・・無帰還時 (120Hz)
              16倍     16倍     ・・・負帰還時 (およそ8dB)
       残留雑音 0.07mV  0.08mV   ・・・負帰還時

 スピーカーからはまったくハムはきこえません。
 6N6P全段差動には及びませんが、低雑音の仕上がりです。

・周波数特性について
 高域は 1W、100kHzで-1.5dB ほどの減衰。
 特にピークやディップが見られない素直な特性です。

念願の3段化全段差動アンプを手に入れることができました。
そしてその性能や恐るべし。
木村哲氏のHPにある特性を眺めるたびに、
「いいなあこれ、こんな広帯域のアンプが欲しいなあ。」
と思っておりました。
製作したアンプを測定してみると、本当にフラットなグラフが描けるではありませんか。
木村哲氏設計の回路、前作6N6P全段差動アンプに引き続き、3段化全段差動アンプと製作しましたが、こんなアンプを私たちアマチュアが作れるなんてすごいことだと思います。
回路の優秀さの賜に他なりません。
また、出力を欲張らず発熱をおさえるのも大事なことだな、と実感した製作でした。
最初から分かっていれば、電解コンデンサの耐圧などで有利になるため、さらに製作費用も少なくできたでしょうが・・・・。
                                 (by たろう)

« 10EW7 3段化全段差動PPアンプ製作 ⑫ | トップページ | つるの季節到来① あけびの蔓とムラサキシキブ »

真空管アンプ 2(10EW7全段差動PP)」カテゴリの記事

コメント

たろうさん、はじめまして。
こちらのブログを拝見して、6N6P全段差動PPアンプを製作する決心がつき、何とか完成させることができました。ありがとうございました。
6N6P全段差動PPアンプは、低コストながら、広帯域で、クリアかつ聴き疲れのしない音質で大満足です。発熱が少ないので、夏用のアンプとしてはベストだと思います。
しかしながら、1Wに満たない出力ですのでソースによっては余裕がないという感じもします。
そこで、出力が3~5W程度の全段差動PPアンプの作例がないかと探しておりましたら、たろうさんが、10EW7で製作されているのを知りました。私も是非、製作したいと思いますが、残念ながら私には設計する力はありません。
そこでお願いですが、たろうさんが製作された10EW7 3段化全段差動PPアンプの回路図を開示していただけないでしょうか。
厚かましいお願いとは存じますが、よろしくお願いいたします。

モロさん コメントありがとうございます。
当ブログの記事が製作の動機となった由、大変うれしく思います。

おたずねの件ですが、全段作動アンプ、大変完成された回路で私が変更した部分はごくわずかな点です。
アンプの回路図をあげると、そのまま木村哲氏の回路そのままということになりかねません。
著作権の関係もあるかとおもいますので、是非木村氏のサイトの回路図をご参考になされてはどうでしょうか。
木村氏のサイト内http://www2.famille.ne.jp/~teddy/myamp/3stgkoso.htm
の一番下にある回路図です。
私のアンプの写真や記述と見比べると変更点がわかると思います。
電源基盤の定数がわかりにくいと思いますが、
  B1+→B2+のドロップ抵抗 ・・・・・・ 470Ω(1/2W)
  B2+→初段電源のドロップ抵抗 ・・・・・33kΩ 5Wセメント
を使っております。

なお、製作しての感想ですが、10EW7のような親子三極管は特性のそろったものを入手する点で難しさがあります。
ユニット1はいいけれどもユニット2のエミッションが少ない・・・・とか。
私のアンプも、もう少しそろった球にしたいと願っているところです。
出力段とドライバ段は別の球になっている方が特性のそろった良いものを手に入れることが容易と思います。
以上ご参考になれば幸いです。

たろうさん、早速のご返答ありがとうございます。

実は、たろうさんが参考にされた回路がどれかわかりませんでしたので、回路図の開示をお願いしました。紹介していただいた木村さんの回路図とたろうさんのブログの記述を熟読させていただいて、定数設計を理解したいと思います。
10EW7は特性のそろったものを入手するのが難しいとのことですが、今回は10EW7でトライしてみようと考えています。

ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10EW7 3段化全段差動PPアンプ製作 ⑬:

« 10EW7 3段化全段差動PPアンプ製作 ⑫ | トップページ | つるの季節到来① あけびの蔓とムラサキシキブ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30