木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« アクリル画を描く 「りばあす」③ 下図から下描きまで | トップページ | かぶれなかったけど・・・・・。 »

2011年10月12日 (水)

アクリル画を描く「りばあす」④ 前作と比べて

色数を増やし、さらに細部や物の陰影、表情を描き込み完成です。

P1040371  

さて、ここで前作と比べてみたいと思います。

P9080276_4

L03b0121

 L03b0003









そもそも最初はは、モティーフ(描く対象物)を組んでの鉛筆デッサン(素描)でした。

デッサンを描いているうちに、テーマができて本制作へ移りました。
しかし、思いつきで描いている部分が多かったので、構図がよくありませんでした。
また、地肌作りも中途半端で、はなこが考えていたイメージとは違いました。
全体を包み込む空気感も出せませんでした。

サイズのこともありましたが、そういったところを直して描いたつもりです。

が・・・、こうしてみると、1週間で仕上げたので、やはり前作と比べると描き込みが足りない感じがします。
ごちゃごちゃした感じは整理されて空間の広がりは出たと思いますが、やはり徹底的に描き込んだものと比べると物足りなさを感じさせられます。

アスコルビンさんは優しく、「それぞれによさがある。」と言ってくれましたし、
「カラスが今一。」と言っていたこたろうも、「今度のは良くなったんじゃない。」と言ってくれましたが・・・。

それに・・・、制作過程を改めて見てみますと、最初に白のみで描いた時の方が、迫力がある感じがします。
コントラストの問題だと思いますが、それと空気感をどう両立させるか・・・。

やはり、戻ってきたらもう少し手を入れたいと思います。

画像を通して制作過程を振り返ってみると、自分の制作を客観的に見ることができてよいなと思います。
もちろん、本物と写真は違うのですけど。

次回、テーマについて少しだけ書いて終わりにしたいと思います。

                                      (bY はなこ)

« アクリル画を描く 「りばあす」③ 下図から下描きまで | トップページ | かぶれなかったけど・・・・・。 »

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アクリル画を描く「りばあす」④ 前作と比べて:

« アクリル画を描く 「りばあす」③ 下図から下描きまで | トップページ | かぶれなかったけど・・・・・。 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30