木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 50000アクセス達成! | トップページ | ミニワッターを試作 ⑥ 6DN7でリベンジ »

2012年1月 3日 (火)

龍の子太郎

辰年と言えば、信濃の民話をもとにした、松谷みよこ作「龍の子太郎」というお話があります。
この物語が好きです。

祖母と暮らす遊び好きの少年、龍の子太郎は、自分の出生の秘密を知り、龍になった母を訪ねる旅に出ます。
幾多の困難を乗り越え、母に出会い、龍になってしまった理由を知ります。
つわりで苦しんでいた母が、他の人に分け与えず魚を食べてしまったからということでした。
旅の途中で世の中を見てきた龍の子太郎は、そんな掟がある村の貧しさに憤りを覚えます。
そして、肥沃の地を得るために、母龍の住む湖の縁を崩して水を流そうという計画を思いつきます。
母龍は、祖母に預けた龍の子太郎の乳代わりに目玉を与えてしまい、盲目になっていました。
龍の子太郎は母龍の背中に乗って母龍を誘導し、その身体をぶつけて、岩肌を崩すのでした。

家のこたろうは、小学校の時、このお話を読んでわんわん泣きました。

自分のことしか考えられなかった少年が、広い世の中を知り、母の愛を確認し、人々のために事を成そうとするまでに成長していく、現代にも通じる物語だと思います。

民話では、母子によってもたらされた土地が安曇野で、流れ出た川が犀川なのだそうです。
犀川は安曇野を縦断し、北信に抜けて千曲川に変わり、信州を出ると(なぜか)信濃川になって日本海に注ぎます。
日本で一番長い川になります。

年賀状(1月1日アップ)の龍は、こたろうが集めて色分けしてあった極小の翡翠(ひすい)や瑪瑙(めのう)などの貴石を並べて、はなこが制作しました。

P10506061_2

P1050571
デッサンしてから作れば良かったと思った時は、後の祭り。
もう、引き返せない。
何とか、龍っぽくなりました。
ええいっ、どうせ空想の動物だい!!
一般の龍の絵とは、ずいぶん勝手が違ってしまいましたが、
いつものごとく開き直って、オリジナル龍ということで。
のびのびした感じは気に入っています。

                                                                                ( by はなこ)

« 50000アクセス達成! | トップページ | ミニワッターを試作 ⑥ 6DN7でリベンジ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 龍の子太郎:

« 50000アクセス達成! | トップページ | ミニワッターを試作 ⑥ 6DN7でリベンジ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30