木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 放射線を見る③ 大きな霧箱をつくる。 | トップページ | 実験甘酒作り② »

2012年3月20日 (火)

実験甘酒作り①

世間では塩麹なる物がはやっているようですが、我が家の好物は甘酒。

甘酒は雛祭りの飲み物といった感じもあるので、この季節によく作ります。
雛祭りは、この辺では寒いせいか月遅れで4月3日に行います。

甘酒の基本の作り方は、柔らかく炊いたご飯1合に、ほぐしてぬるま湯にひたした麹2合ほどを混ぜて、炊飯器で8時間ほど保温し、甘味が出たら加熱して完成です。

さて、実は半年前に賞味期限が切れた麹が冷蔵庫の奥に眠っていました。
(夏に、甘酒を作って凍らせたらおいしいんじゃないかなと思って買ったのですが、そのままに・・・(*´ェ`*))
乾燥しているだけにも見えるので、どうしたものかというところ。
おまけに、最近、炊飯器を小さい物に変えたせいか、甘酒がうまく作れないと、おばあちゃんがぼやいています。

するとたろうが、「湯沸かしポットで作る」と言い出しました。
湯沸かしポットは60℃に設定して保温することができ、この温度が甘酒作りに最適な温度のようです。
「そんなのポットに入れるなんてとんでもない。」
「湯煎だよ、湯煎。」

たろうは、古いコーヒーサーバーのとってのねじをはずして、ガラス部分だけにし、ほぐした麹にぬるま湯を混ぜたものを入れました。
使えるかどうかわからない麹なので、ご飯は入れません。

P1050937 P1050936

そのまま、どぶんとポットに入れ、ふたをして、60℃に設定。
ときどき、攪拌しながら待つこと8時間。

P1050934

さて、結果はいかに?!
                                       (by はなこ・たろう)                             

« 放射線を見る③ 大きな霧箱をつくる。 | トップページ | 実験甘酒作り② »

料理」カテゴリの記事

コメント

このての記事、大好きです(笑)
結果…… いい子にして待ちますわ)^o^(

本実験の目的は
  1. 半年前の麹が使用可能かどうか明らかにする。
  2. 湯沸かしポットで湯煎・加熱することで甘酒ができるか明らかにする。
の2点であります。

乞う、ご期待!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 実験甘酒作り①:

« 放射線を見る③ 大きな霧箱をつくる。 | トップページ | 実験甘酒作り② »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30