木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 世界で一番美しいもの? | トップページ | 自作AVRライター(HIDaspx)① »

2012年4月17日 (火)

甘酒作り用恒温槽(保温器)マイコン化

パソコンを使って湯沸かしポットのヒーターを制御することで希望の温度で保温する装置を作ったわけですが、できあがる品がなかなか家族に好評で、ほとんど装置はフル稼働している状態。
今朝もはなこはフルーツヨーグルトにしてご機嫌で食していました。
何でも酸っぱくないので、オレンジやイチゴを入れても砂糖を入れずに済むのがヘルシーとかで。

P1060207_2


湯沸かしポットで保温する方法が有効であることが実証でき、温度や保温時間のデータも得られたので、今までパソコン上で動いていたシステムをワンチップマイコンに移植するとしましょう。

使用するのはAttiny2313+BASCOMAVR(デモ版)。

回路図は下の通り。液晶表示はハードルが高いので、すべてLED表示です。
(回路図にしてみるとより合理的なポートの割り当てがあるのに気づきます。( ̄Д ̄;;)


Yuwakashi2 

スイッチは3個。
コース選択スイッチで設定温度、40℃(ヨーグルトコース)、62℃(甘酒コース)、67℃(温泉たまごコース)を選ぶ。3個の緑LEDがどのコースを選んでいるかを表示する。

保温開始スイッチを押すと温度測定とヒーター制御を開始する。
動作中を示す黄LEDが点滅を始める。
測定した温度は10℃~69℃まで10℃刻みで温度表示の赤LEDが点灯し表示する。
70℃以上になると全点灯して高温を知らせる。

保温終了スイッチで保温終了。マイコンにリセットをかけ、コース選択モードで待機する。

という仕掛けです。

製作した回路が下の写真
(現在、甘酒コースで保温中。下から5個目の赤LEDが点灯しているのでポット内温度50~59℃。ヒーターON。)

P1060204_2

使用感は上々。いちいちパソコンを立ち上げたりする手間が省け、占有スペースも小さくなりました。もちろん大幅に省電力でもあります。
                                           (by たろう)

« 世界で一番美しいもの? | トップページ | 自作AVRライター(HIDaspx)① »

パソコン・マイコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甘酒作り用恒温槽(保温器)マイコン化:

« 世界で一番美しいもの? | トップページ | 自作AVRライター(HIDaspx)① »

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30