木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 駒ヶ根 くらふてぃあ杜の市で | トップページ | 睡蓮 咲く そしてポチ »

2012年6月 6日 (水)

金星の太陽面通過撮影

金星は地球より内側の軌道を公転していますから地球から見て金星が太陽の手前を横切っていく現象が観察できます。
と言っても次に観察できるのは105年後だそうですが。

たろうの住んでいるところでは、先の金環日食で運を使い果たしたのか、朝から快曇。

11時半ごろ、10分ほど日光が射しましたが、その後はまた太陽は厚い雲に覆われてしまいました。

薄い雲を通して何枚か写したうちのひとつ。
(太陽面の右上よりの黒い丸が金星の影)

Dsc_1249
DATA: 6月6日11時31分 Nikon V1+FT1+ Nikkor300mm  ND400を2枚重ねて減光

残念ながら金星が移動しているのがわかる写真は撮れませんでした。
それでも日食グラスを通して肉眼で金星の影を確認することができました。
地球-金星の距離が最短であるとはいえ、思ったよりも大きく見えてビックリ。
明けの明星、宵の明星の金星ですが、さらに身近に感じられるようになった気がします。

                                   (by たろう)

« 駒ヶ根 くらふてぃあ杜の市で | トップページ | 睡蓮 咲く そしてポチ »

写真・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは★
綺麗に撮れてますね
仙台は、晴れ間もあったのですが、
なにぶん日食グラスが無くて。。。
だんな様が見つけた「溶接の時に使うマスク」で
ちょっと見たんですが、眩しすぎました
105年後では、いくら長生き出来ても無理ですよね。
素敵な写真ありがとうございました

piropiro さんこんばんは
何分曇り空で連続写真をお見せできなかったのが残念です。

写真を見て、はなこは、まるでホクロのようだと言っています。
マジックで黒ポツをつけてもこんな感じでしょうか。

でも105年に一度のレアな現象と思えば、ありがたみもあるかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金星の太陽面通過撮影:

« 駒ヶ根 くらふてぃあ杜の市で | トップページ | 睡蓮 咲く そしてポチ »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30