木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« ステンドグラスでチューリップのおやすみライト③ | トップページ | ステンドグラスでチューリップのおやすみライト~その後~ »

2012年7月11日 (水)

たろう 梅を煮る

梅の時期であります。
例年通り梅酒の仕込みを終えましたがまだまだ枝に残っています。

このまま熟して落っこちてしまうのはもったいない。
そこで挑戦「梅の甘露煮」

というのも、梅酒のビンをあけるのに作っている梅酒の梅の甘露煮、はなこもこたろうも大好物。
だったら青梅から作ってやりましょうというわけです。

さっそく庭にいって梅をとってきます。

P1070223

重さを量ったら750gありました。
まず下ごしらえ。ヘタをとって梅の表面に竹串を束ねたもので穴をあけます。
これをやらないと梅の皮がはがれやすいとのこと。
結構たいへんな作業であります。

P1070225

次に下ゆで。
水を加えてとろ火でゆっくり50℃くらいまで加熱し水を交換。
こうしてあく抜きをするのだそうです。
この操作を4回。 ずくの要る仕事です。

P1070226

あく抜きがおわったところ。
いよいよグラニュー糖を加えます。

P1070229

加えるグラニュー糖は400gこれを3回に分けて投入します。
まず1回目加えたところ。さらに1/2カップの水を加えました。
レシピによりますと梅を鍋のそこに平たく並べるとありますが、気が付いたときはあとの祭り。

P1070230

とろ火でゆっくり加熱。多くのレシピにはガーゼで落としぶたをするとの記述がありますが、クッキングペーパーで代用。

P1070231
ぐつぐつ・・・・・
5分おきに残りの砂糖を分けて投入。
合計15分煮たらできあがり。そのまま冷ましてシロップを含ませます。

P1070238

本当は保存ビンではなく、平たいタッパーなどで保存するとよいようです。

ちょっとシワがよってしまいましたが、味はばっちり。
おまけに残ったシロップも氷水で薄めて飲むと美味。
ほどよい酸味と甘味で元気が出ます。
                                   (by たろう)

« ステンドグラスでチューリップのおやすみライト③ | トップページ | ステンドグラスでチューリップのおやすみライト~その後~ »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たろう 梅を煮る:

« ステンドグラスでチューリップのおやすみライト③ | トップページ | ステンドグラスでチューリップのおやすみライト~その後~ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30