木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« ステンドグラスでおやすみライト~夏の夕暮れ~完成 | トップページ | ステンドグラスでおやすみライト~夏の夕暮れ~ガラス選びについて »

2012年7月26日 (木)

ステンドグラスでおやすみライト~夏の夕暮れ~色彩について

ガラスは、光源によって色味が変わってしまうことを痛感しました。
形のデザインだけでなく、光源とガラスの相性についても試行錯誤です。

おやすみライトの電球は色温度が低く、黄色っぽい光を発します。青色の成分が少ない光だと考えられます。

薔薇のおやすみライトは、赤と緑色のガラスだったので、成分がそれぞれ透過して鮮やかに映えたのです。
黄色い光を青色のガラスに通しても、通過する光は少なく鮮やかな感じはなくなってしまうはずです。
それが今回の紫色(青色)トランスペアレントガラスの発色というわけです。

だったら色温度の高い白色LEDで試してみたい。
たろうは再度正しい口金サイズのLED電球(白色光)を買って参りました。

その結果が下の写真。

P1070460_2
白色LEDは青LEDの光と蛍光物質の出す黄色の光を混ぜているそうです。
青トランスペアレント(透明)ガラスの色味が表現できました。
(あまり情緒がある灯りとは言えませんが。。。。)
壁面に映っている黄色の光は、青を反射するガラスを通過したものです。ちょうど蛍光物質の出している光といえるでしょうか。

一見青色の2種類のガラスですが、一方は青い光のみ通過させ、もう一方は青い光を反射して青く見えているわけで、ガラスの選び方の難しさを痛感。

はなこに言わせると、黄色に補色(反対色)の紫を重ねると暗色になり、青なら緑っぽくなり、薔薇に使った赤や緑なら黄色味がかって鮮やかになるんだということです。
つまり、青や紫は白熱球では発色しないのではないかと。
光なので、加色混合(赤・青・緑が原色で混ざると白になる)のように思いがちですが、色を重ねているので実は絵の具の混合と同じ減色混合(赤・青・黄が原色で混ざると黒になる)ではないのかと。
科学的に正しいのかはわかりませんが。

「うーん、今回は学ぶところが多かった。。。」
たろうの感想です。
透過したときの色味については、もっと研究してみたいところです。

                                       (by たろう)

« ステンドグラスでおやすみライト~夏の夕暮れ~完成 | トップページ | ステンドグラスでおやすみライト~夏の夕暮れ~ガラス選びについて »

クラフト ステンドグラス」カテゴリの記事

コメント

今回の作品は表現が難しいですが、言うとすれば
幻想的な雰囲気 とでも言う感じがします。
なかなか思うようにはできないとの事ですが、
思いがけない事もあったりして、そこが面白い
のかもしれません。 
これからもいろいろチャレンジするのでしょうね。

たかchanさん、おはようございます。

今回は言うなれば抽象作品なので、
いろいろに見ることもできると思います。
思うようになどと思わない方が良いのかもしれませんね。
お言葉通り、まだまだ続きそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステンドグラスでおやすみライト~夏の夕暮れ~色彩について:

« ステンドグラスでおやすみライト~夏の夕暮れ~完成 | トップページ | ステンドグラスでおやすみライト~夏の夕暮れ~ガラス選びについて »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30