木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« たろう作 ベビーチェア | トップページ | 草間弥生展~永遠の永遠の永遠~② »

2012年8月29日 (水)

草間弥生展~永遠の永遠の永遠~①

こたろうと、松本市美術館の草間弥生展へ行ってきました。
日本で唯一世界に通用する現代アーティストと言われている草間弥生は松本市の出身。
会場入り口にいらっしゃる(?)実物大の草間さん。
実はこれは平面的な一枚の看板です。

P1080307_2

松本美術館前庭の草間弥生作「幻の華」

P1080326_2

10年前に美術館ができたばかりの頃は、賛否両論でした。
草間弥生はますますブレイクし、今や何も言う人はいません。
最初の頃、おもしろいけどさすがにこの花の色はと思いましたが、今ではもう慣れました。
右側の建物の赤い水玉と蝶々は、ふだんはありません。

上の写真に続く建物の全面。

P1080280

自販機も水玉模様に。

P1080321

これは、今後もこの模様になるのでしょうか。
常設展もあるので、そのままになるような気もします。
市内には同じような赤い水玉模様の”草間バス”が日常的に走っています。
1台だけですが、普通の循環線です。
出会えた日はラッキーデーと言う人も。
そこら中にトレードマークの水玉模様。

この展覧会は撮影可ポイントがたくさんありましたので、三日に分けて紹介していきます。

                                           (by はなこ)

« たろう作 ベビーチェア | トップページ | 草間弥生展~永遠の永遠の永遠~② »

アート」カテゴリの記事

コメント

すごいですね〜!

黄色かぼちゃ、新宿のビルの中にもありました(^O^☆♪
ブランドショップのディスプレイも、草間さん一色だし、
今や日本中が草間ドットですね!

だいぶ慣れたつもりですが…
この模様を見るたびに、特に循環バス
「赤いハンテン 着せましょか~」 が頭の中に流れてしまいます… 

LIEFさん、ようこそ。

新宿にもあるんですね。
ファッション雑誌に載っているのを見て
へ~とも思いましたが。
何はともあれ、これだけ席巻しているということは
すごいことです!

ときどきさん、コメントありがとうございます。

強烈な存在感ですね。
それが、イベントではなくて日常のバスというのが、
何かおもしろいです。
うちの、おばあちゃんなど
「特別な時だけにしとけばいいのに・・・」
とか言っています(^-^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草間弥生展~永遠の永遠の永遠~①:

« たろう作 ベビーチェア | トップページ | 草間弥生展~永遠の永遠の永遠~② »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30