木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 大阪に行ってきました~太陽の塔~ | トップページ | 今日も寒いです~センター試験~ »

2013年1月16日 (水)

大阪へ行ってきました~太陽の塔2~

これは、大阪万博記念公園のガチャで、ゲットした海洋堂のフィギュア。
「岡本太郎アートピースコレクション」第2集。
岡本太郎の作品のミニチュアです。
左から「若い太陽の塔」「リボンの子」「梵鐘(歓喜)」

P11002101_2

若い人も喜んでガチャしていました。
というより、岡本太郎はむしろ若い人に人気があるようです。
むしろ、若い人は岡本太郎のテレビ出演を知らないから「へんなおじさん」のイメージがなく、純粋にアートとして見られるのでしょう。

大阪万博のテーマ「人類の進歩と調和」に反逆して構想した土着のイメージから成された「太陽の塔」。
土偶の未来形といった感じです。

P1100170

賛否両論があった中、これだけ奇異なものをおったててしまったパワー。
そして、40年経った今でも残っているものは、ほぼこれだけ。
これぞ本当の前衛(芸術)。

そして、記念公園に向かうモノレールの窓から見た太陽の塔は、「千と千尋」の「カオナシ」に似ていた!!
この写真からは反っくり返っているように見えるのですが、遠くから見た側面は、あごを突き出した猫背気味のように見え、それが、カオナシのイメージだったのです。
潜在的な影響を与えていたのではないでしょうか。
千と千尋に登場する神々も土着の神々だし。
そして、岡本太郎の作品はアニメ的なイメージもあるように思います。
岡本太郎の父親は、当時一世を風靡した漫画家であったので、そういった血は流れているのではないかと思われます。

実は、前に立った時、思わず拝みたくなってしまいました。
なぜか敬虔な気持ちにもさせられ、くよくよすることがばからしくなるような清々した気持ちになりました。

実は、我が家は岡本太郎がけっこう好きなんですね。
こたろうは「リボンの子」のフィギュアをとても気に入り、部屋にかざっています。

                                    (by はなこ)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。
           よろしかったら応援のクリックお願いします。

« 大阪に行ってきました~太陽の塔~ | トップページ | 今日も寒いです~センター試験~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

アート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪へ行ってきました~太陽の塔2~:

« 大阪に行ってきました~太陽の塔~ | トップページ | 今日も寒いです~センター試験~ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30