木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 側面まであじろ編み・・・失敗!そして反省 | トップページ | フクジュソウ 咲く 2013 »

2013年2月24日 (日)

側面まであじろ編み・・・反省、そして。。。①

さて、今回は、珍しく素直に作品を失敗としてしまったので、画がありません。

やはり、きちんと勉強しなくてはと思い、自己流の試行錯誤はやめて、真似るところからやってみようと心を改めました。
はなこが目指しているのものに最も近いのが、画像検索で見つけた”Ryo's notebook”の涼さん。
涼さんのバックや箱の網目模様が素敵で、その上、編み図もアップされていて、まずは、これをきちんとなぞるところからかと思い、許諾を取りました。
でも、涼さんも自己流なんですって!
自己流といっても、設計するところからきちんとやっているのが、全然違います。

その涼さんのところでリンクが張られていた”Kamihimo”のさとかさん。
これはもうアートです!!
オーソドックスなものから、ポップなものまで。
「ドラゴン」なんて、羽が・・・波網代なんですよ!!
もちろん、形もディテールも素晴らしい!
それから紙バンドのみで作ったリアルな食品群。
かと思えばふつーの篭やバックも。
といっても、その網目は普通ではありません。(ふつうのもあります。)
竹細工風のもの、凝った波網代も!!
画像検索を見ていて、「すごい、波網代」と思ってクリックすると、”Kamihimo”に行き、ココログの幸雲さんのブログでも紹介していたし、紙バンド販売のサイトにもあったし、はなこが見るところ、みんな、さとかさんに行き着くんですよ。
で、話題にさせていただくにあたり許諾を取ったら、ここにも、遊びに来ていただいたんです。

快くお返事をいただいた上、皆さん、見に来てくださるんですね。
これが、赤面もの!!
はなこは、広く浅くだし、手先は不器用だし、いい加減だし。。。
でもね、その道を究めている方と比べても仕方ないですよね。
許諾取るのもリンク張るのも面倒くさいと思っている(だからいつも人まねにならないようにしているってこともある)人なのに、今回、ずいぶん真面目にやってみたら、なんだか世界が広がったような気がします。
それというのも、もとをたどれば”Bamboo Baskets”の幸雲さんのおかげ。
幸雲さんに専門的なアドバイスをいただいて、やっぱりちゃんと作らなくちゃなあと思ったということが、大きいです。
幸雲さんは、コメントをくださるので、許諾も取らずに話題にさせていただいていますm(_ _)m。
このへんの礼儀が、ブログ初心者(といっても、2年目になるけど)には、よくわかりません。

というところで、あまりに長くなってしまったので、次回に続きます。
まだまだ、皆さんの話題、素材についてなど書きたいことがあります。
(画がない!!どうしよ~)
と思いきや、じゃーん!!

P1100532

どーしても、どーしても途中で放棄するのが忍びなくて、ブログの全段を書いた後、無理矢理作ってしまいました
紙バンドの本数を増やして3の倍数にしましたが、やはり模様がつながりません。
対称形でないといけないんでしょうか。
次こそは、編み図通りにやってみます。
でも、これはこれで完成させたいと思っています。
                                       (by はなこ)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ エコクラフトへ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。
           よろしかったら応援のクリックお願いします。

« 側面まであじろ編み・・・失敗!そして反省 | トップページ | フクジュソウ 咲く 2013 »

エコクラフト」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。幸雲です。
なんか本格的にされるようですね。うれしいですね。私は素材は違っても籠編み普及に取り組んでいます(笑)。

さとかさんの作品は凄いですね。紙テープを素材にしたクラフトで、いわゆる籠をつくるエコクラフトの域を超越されています。
以前、竹籠の研究をされておられた頃から交流を持っております。

さて、網代編みの籠、立ち上がっていますね。素晴らしいです。

おそらく、模様が繋がらないとおっしゃっているのは立ち上がったところの模様だと思います。これは、底と同じ編み方で続けておられるので、写真右側側面では横方向に矢尻の形が並んでいます「→」でも写真左側面では縦方向に矢尻の形が並んでいます「↓」。
ここでは、右側面の横方向の矢印を続けていくように編んでいきます。

ということを、頭にいれて編み目を観察してみると、写真右側面では右下に流れているヒゴは必ず3本目すくっていることがわかります。写真左側面ではどうでしょう。頂点から2本目までは立ち上がってから3本すくっています。しかし3本目位からそうなっていない感じですね。ここを、立ち上がってから3本すくうという編み方に修正する必要があるようです。

私は網代編みの経験がそんなにないので、深い所までうまく解説はできないのですが、籠の模様を揃えるため底を「枡網代」という編み方をすることがあります。また、網代編みは模様を作るため、途中で編みの法則を変えたりします。

今回の場合は立ち上がった側面の模様を揃えるように立ち上がり1段目で調整する必要があります。前回、説明がたりませんでしたすみません。

今習っている先生が、「教えてもらったことは忘れるが、自ら悩んで気がついたことは身につく」というようなことをおっしゃっていました。はなこさんならマスターできると思います。

幸雲さん、コメントありがとうございます。
また、お名前の件、本当に申し訳ありませんでした。
おっちょこちょいのふつつか者でお恥ずかしい限りです。
でも、あきれずお付き合いただき、ありがたく思います。

あじろ編みですが、自分は底からも左右にも(つまり3方向)つなげることができるのではないかと思っていましたが、やはり、立ち上げるときに調整する必要があるのですね。
さとかさんも「切り返し」というようなことをおっしゃっていたのですが。
側面がつながるように調整すると5つ飛びになってしまうところも出て安定しなかったので、上のようになりました。
今一つ、その辺がわからないのです。

もう少し基本の形からやってみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 側面まであじろ編み・・・反省、そして。。。①:

« 側面まであじろ編み・・・失敗!そして反省 | トップページ | フクジュソウ 咲く 2013 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30