木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 卒業だね | トップページ | 5687全段差動アンプ製作 -2- »

2013年3月 7日 (木)

5687全段差動アンプ製作 -1-

木村哲氏の設計による6N6P全段差動アンプは、電源トランスの変更でパワーアップバージョンが発表されました。
たろうとしても大きな音でのクオリティの向上を目指し、以前製作した6N6P全段差動アンプのパワーアップを図りたいと考えております。
しかし、せっかくシャーシから手作りしているのですから、「それだったら作例通りのトランスでなくてもいいじゃね。」とへそまがり精神が頭をもたげます。
探してみると東栄にPT-10という160V-0-160V、AC100mA/DC100mAのトランスを発見。
原典では0-150V(ブリッジ整流)AC135mA/DC85mAのトランスですから、よりハイパワーの仕上がりになるかも。
早速取り寄せることにいたしました。

電流容量は十分ですが、整流出力電圧はどれくらいとれるでしょうか。適当な負荷をつないでアバウトな測定実験を行いました。
Dsc_1929


残念ながら、80mA弱ほど電流を取り出すと、木村氏の作例にある電圧データと似たり寄ったりの結果となり、これで6N6Pを動かしてみても「みんなと同じ」でおもしろくありません。

そこでPT-10には0-6.3VAC1Aのヒーター巻き線が2本あることに着目。これだったら大食らいの5687が点火できる。そんなわけで本プロジェクトはスタートしたのであります。
Dsc_1935
          5687と6N6P
5687全段差動プッシュプル、どんな音がするでしょうか。
ダメだったら6N6Pに変更すればいいわけですから失敗したときの保険もばっちりです。

                                     (by たろう)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。
           よろしかったら応援のクリックお願いします。

« 卒業だね | トップページ | 5687全段差動アンプ製作 -2- »

真空管アンプ 1(6N6P PP 他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 5687全段差動アンプ製作 -1-:

« 卒業だね | トップページ | 5687全段差動アンプ製作 -2- »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30