木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 6N6P全段差動パワーアップ -2- | トップページ | 紙ひもで手なぐさみ »

2013年3月27日 (水)

6N6P全段差動パワーアップ -3-

+B電圧が高すぎということで、電源回路の手直し。
春日の7Z40WCDの1次巻き線は90V-100V-110Vとなっており、出力電圧調整の融通が利きます。
同時に電源回路の分圧抵抗をいじって電圧を落とすことでプレート損失を定格内に収めることができました。

6n6ppuepip

現在の動作状況は上のグラフの状態。177V、22mAで3.9W(AC102V)というところです。
概算最大出力は、(ロードラインが適切であるとして)
 0.022×0.022×8000/2=1.94W 
ということになります。

以下は負帰還をかけた時のデータ
         Lch   Rch
残留ノイズ 180μV、200μV
利得     4.5倍、 4.5倍
周波数特性 100kHzで-3~-4dB落ちくらい。

自分なりに作ってみて、このアンプのポイントは直結回路のセオリー通りいかに出力段グリッドの電圧を下げるかというところにありそうです。
あり物のツェナーダイオードを使ったので初段電源は30Vですが、さらに下げることができるでしょう。
カソードにつながるLM317の発熱が結構あります。
カソード電位を下げても良いのですが、プレート損失オーバーになることでしょう。
また電源をかまわなければなりません。

P1100818

動き始めたアンプ。このあと高圧が出ている端子には安全のため熱収縮チューブで帽子をかぶせました。

そして試聴。
パワーは十分です。利得が小さいため、どこまでパワーが出ているかが不安ですが。
大音量での歪み感を感じません。
高域から低域までよく鳴ります。
廉価なOPT-10P頑張っています。
出力を上げると低域が豊かな感じがしますが、見方を変えるとちょっと緩い感じもあります。このあたり好みの分かれるところと思います。
                                   (by たろう)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。
           よろしかったら応援のクリックお願いします。

« 6N6P全段差動パワーアップ -2- | トップページ | 紙ひもで手なぐさみ »

真空管アンプ 1(6N6P PP 他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6N6P全段差動パワーアップ -3-:

« 6N6P全段差動パワーアップ -2- | トップページ | 紙ひもで手なぐさみ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30