木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 失敗を活かす!? ただの四角い箱 | トップページ | またまた失敗~四つ目編み、赤と黒の篭~ »

2013年4月30日 (火)

失敗で知る、ただの四角い箱の奥深さ

まあ、今一でも、四角い箱は実用的なところが一番。
化粧品のストックなど入れてみます。

P1120059_2

問題の箇所。
まず、角です。
表と裏が合わず、隙間があいてしまいました。
やはり、この微妙なサイズを決め出すのが難しく、初心者向けと言われる四角い箱も、ぴたりと合うサイズを決め出したレシピあってこそ。
レシピの作者はどれほど試作を重ねてたのでしょう。
失敗出たとこ勝負のはなこに、きちんと 作れるわけありません。
サイズが決め出されていなければどんなに丁寧に作ったってムリなのです。
(苦手なボンド貼りは、速乾性と普通の物を使い分け、かなりうまくいくようになったのですが)

P11200522

それから、縦ひもの隙間を空けずに作り始めてしまった失敗は取り戻せないということです。
まず、網代編みでない限り、隙間がなければ、組めません。
(ということも、実感としてわかるようになった。)
はなこは単純に、それなら交差する横ひもの隙間を空ければいいと考えましたが、横ひもを詰めないと組みにくいし、出来上がりも不自然に見えるのです。
蔓細工では当たり前のことなのですが。

今回、苦手な四角い箱を自己流で作ってみて、レシピの偉大さを思い知らされました。
どんな単純に見えるものも、考案者のノウハウが詰まっているのです。

いい加減、レシピ本通りやれよといったところですが。。。
でも、作ってみたかった失敗作のもとの形を完成してみなければ・・・
あくまで、四角い箱は、リメイク副産物。
それに、もともと練習作だったんですよ。

もう少し手慣れてから、「ビギナーのためのエコクラフト」にあったバックを、本の通りに作ってみようとは思っているのです。
どうしても、意味がわからないことを書かれたとおりにやるというのが嫌いで、まずは自分なりに試してみて納得して・・・という工程が入ってしまうのです。
最短距離で合理的にというのがダメなんです。
読者の皆様、歯がゆくお思いでしょうが、あきれず、おつきあいくださいませ。

                                 (by はなこ)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ エコクラフトへ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。
           よろしかったら応援のクリックお願いします。

« 失敗を活かす!? ただの四角い箱 | トップページ | またまた失敗~四つ目編み、赤と黒の篭~ »

エコクラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失敗で知る、ただの四角い箱の奥深さ:

« 失敗を活かす!? ただの四角い箱 | トップページ | またまた失敗~四つ目編み、赤と黒の篭~ »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30