木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« ドライフラワーのもとを育てる | トップページ | ドライフラワーのもとを育てる―2 »

2016年5月29日 (日)

てずくな流 カンカラ三線増産

過日のフリマでカンカラ三線が売れましたので、新たに2本製作しました。
(カンカラ三線についての詳しい記事はこちら

一度に複数個製作すると一つあたりの作業に要する時間が短くなり、効率的であります。
今回はちょっと良い木をということで、ミズメザクラの柾を使います。
堅くて丈夫な棹になることでしょう。

まずは、こばにギターペグの穴をあけます。穴の間隔は35mm。
ギターペグは一番安いものを使っています。

P5240478

つぎに弦が通るスリットを作ります。
大きな丸穴を連続して開け作業の効率化を図ります。

P5240479

内側に飛び出したバリは簡単にノミでならし、木工用やすりで仕上げます。
ギターペグを仮組みしてみます。

P5240482

収まりがいいようでしたら次のステップへ。
空き缶に差し込む部分をつくります。自作横切り盤で切込みをたくさん入れ、切りのこした部分を取り除くときれいになります。少々残っているバリはノミとやすりで整えます。

P5240484

本作品唯一の意匠のあるところ。いかにも角材という感じではお粗末なので、木口にアールをつけて表情を出します。

P5240485

これで加工は終了。面取りを施した後塗装をします。
塗装は汚れ止めのオスモのクリアーです。

P5240487

カンを加工し棹を差し込みます。
カンの角穴はルーター(ペン型のあれです)に切断砥石を取り付けて加工しています。
カンはペンキ塗りをするときにペンキを入れるペール缶の取っ手を取り除いたもの。
さらにギターペグも取り付けて木ねじで固定します。

P5240489

竹ひごを削って歌口をつけ、弦をはれば出来上がり。

P5240492

ミズメザクラの柾目に現れる杢がいい雰囲気を醸し出しています。
これで結構本格的な演奏ができるのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。
           よろしかったら応援のクリックお願いします。

« ドライフラワーのもとを育てる | トップページ | ドライフラワーのもとを育てる―2 »

クラフト 楽器」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: てずくな流 カンカラ三線増産:

« ドライフラワーのもとを育てる | トップページ | ドライフラワーのもとを育てる―2 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31