木工芸作品集

  • 四方ころびスツール タモバージョン
    ブログで紹介した自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ

« やっぱりココログか・・・ | トップページ | おまけの黒板消しがまたかわい~ »

2017年3月 8日 (水)

振り子時計調整用ストップウォッチ

先にゼンマイ機械時計(ボンボン時計)の機械を使って新しい時計にリメイクする記事を書きましたが、最終仕上げは振り子の調整。
振り子の長さを加減して時計の進み具合を標準時に合わせなければなりません。

そこで時計が時を打つごとにパソコンで時間を記録する仕組みを考えました。

Dsc_3231_2

機械をセットしたところ。
怪しげなケーブルがつながっています。

Dsc_3218

ケーブルの先端はこのセンサーがつながっています。
フォトリフレクタとよばれるセンサーで、センサーの前に紙をおくと発光部分が出した光が反射して受光部分で感知する仕組み。
時を打つハンマーの軸に紙片が張り付けてあり、ハンマーが動くと紙片が動いてセンサーが感知します。

この信号をUSB経由でパソコンに取り込み・・・・。
エクセルvbaから1秒ごとにセンサーの状態を調べます。On Time メソッドを使って割り込みライクな記述をしてあります。

開始のボタンを押した後、最初の時打ちを00:00:00として、時を打つごとにその経過時間を表示しています。
(この時計は毎正時と30分に時を打ちます。)

Clock_tune2

6時間で誤差1秒程度ですから、なかなかいい感じにチューニングできました。

 

「てずくな工房日記」もごらんください。 

*お好みのものやご注文がありましたら、メールにてご連絡ください。
 特注の家具等モニター価格で製作いたします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ     ランキングに参加しています。
にほんブログ村   よろしかったら応援のクリックお願いします。

 

« やっぱりココログか・・・ | トップページ | おまけの黒板消しがまたかわい~ »

てずくな工房」カテゴリの記事

パソコン・マイコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575502/64984079

この記事へのトラックバック一覧です: 振り子時計調整用ストップウォッチ:

« やっぱりココログか・・・ | トップページ | おまけの黒板消しがまたかわい~ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31