木工芸作品集

  • 三日月台モビール(カエデ・涼色ガラス)
    自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集
無料ブログはココログ
フォト

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。

かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 趣味のかご作品集です

« 「春彩の夢2020」延期になりました | トップページ

2020年4月11日 (土)

新作真空管アンプ 6AH4GT直結シングル + トランス&真空管バッファ式DAC

P1090026

出展シーズンオフの期間に製作した作品2題。

どちらも無垢の桜の板にアルミチャンネルをとりつけたブレッドボード仕様であります。

一つ目は右側、6AH4GTシングルアンプ。

音が良いと評判のこの球、ぜひ聴いてみたいと思っておりました。

オリジナルは木村哲さんのホームページにあるもの。ドライブ段にFETを使用し直結で出力管をドライブする回路

P1090023

6AH4GTの動作例は プレート電圧153V プレート電流26.5mA 負荷3.5kΩとあります。

この値を順守して回路定数を決め出しました。

なるべく予算をかけずにということで電源トランスは手持ちの物を流用。B電源用とヒーター用別々です。こちらは春日無線製。

出力トランスは東映のOPT5S。

出力トランスへの誘導が小さくなるよう、電源トランスは倒してとりつけてあります。

出力管のカソード電圧は、プレート電流の値が決まっていますから、カソード抵抗の発熱が定格に収まる値で設定。

具体的に3Wの抵抗2本並列で6W分。1/4のディレーティングで1.5W弱の発熱量となるように抵抗値を決めました。

さてさて出てきた音ですが、非常に爽やかな印象。低域も太くしっかりしていて実にイイ。

今まで71Aのシングルアンプを常用しておりましたが、また違った良さを発揮してくれていて、しばらくこのままのシステムということになりそうです。

 

二つ目の作品は冒頭写真左側、トランス&真空管バッファ式DAC であります。木村哲さんのホームページの作例そのままの回路です。

ささっている真空管は6SJ7GT ですが、ジャンクのベース部分を取り除き、3結になるように再度はんだ付けしてつくりました。ピン配置は6J5と同じです。

P1090042

今まで12ax7を使ったDACを使っておりましたが、アンプがGT管ですからやっぱりDACもそろえてGT管にしたというところ。

71Aシングルと組み合わせる時には6L5Gを刺すこともできます。

 

イベント出展がなかなかできない昨今の情勢ですが、このシステムの音を聞きながら新作のアイデアを練る日々を送ってまいりたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

« 「春彩の夢2020」延期になりました | トップページ

真空管アンプ 3(直結シングル)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「春彩の夢2020」延期になりました | トップページ

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30