かご作品集

  • P1010218
    はなこ作 かご作品集です

リース作品集

  • 枯葉リースのアジサイリメイク
    はなこ作 リースの画像集です

木工芸作品集

  • 四方転びスツール 栗バージョン
    ブログで紹介した自作木工芸作品の画像集です

ステンドグラス作品集

  • ステンドでクリスマスツリー
    ブログで紹介したステンドグラス作品の画像集

ペーパーランプシェード

  • P1040778_3
    コピー用紙で作成したランプシェード作品集です。
無料ブログはココログ

アート

2014年8月30日 (土)

プロジェクト2017始動~林通雄氏~下~

どんどん脱線してプロジェクト2017と関係なくなっていきますが。。。

林さんのこの作品、切りっぱなしの星形やアバウトな接合部分など最初はちょっと洗練されていない感じに見えるかもしれません。
ところが、部屋に置いておくとすごく魅力的で、本当に心がくつろぐんです。
そして、絶妙なバランスでやじろうべえはどんなに揺らしても落ちないし、色々な表情を見せてくれます。
ガラスの部品の色合いと時折ピカッと光る真鍮の星もとても好き。

P1060689_2 P1060687_2

気持ちの向くまんま作ったやじろうべえと計算された支柱と台座。
特に台座の部分のフォルムと表面のテクスチャーは、やはり彫刻家としての造形性を強く感じさせます。
まさに、林さんの世界なんだなあと思います。

P1060704_2

本当に話がぶっとんでしまいましたね。
(もへじのお手紙から林さんの言葉を思い出しましたが、実は林さんの作品は紹介したいと思っていてずっと以前に写真も撮ってあったんです。)

もへじの言うとおり「思うことは大事で、思うことを言葉にすることはもっと大事」(そんな風に言ってくれてありがとう。)で、言葉から喚起されることは、いっぱいあると思います。
言葉を紡いだり作品を見たりする中で自分の中にある思いに気づかされ、それを交換することで、自分たちの中に埋もれている何かが掘り起こされていくように思われます。

そんなわけで道草も大事(^-^;。ま、ぼちぼちやりましょう。  
                                         (by はなこ)

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ    ランキングに参加しています。
にほんブログ村   よろしかったら応援のクリックお願いします。 

2014年8月29日 (金)

プロジェクト2017始動~林通雄氏~上~

少し間が空いてしまいましたが。。。

もへじの手紙でもう一つ気になった所がありました。

さて何をかこう・・・
というところでいつも止まってしまって、かきたいモノがないぞ、作りたいイメージがないぞ、
そもそも作品とか・・・形あるものなんてあまり残したくないぞ・・・と考えていました。

そうなんです。
形ある物なんか残したってホントにしょうがないんです。
かつていくつかの場面で、心を込めた作品と言われるモノが崩されていく崩れていくところを見た時、跡形もなくなったことを知った時、しみじみそう思いました。
 

それから、これもン十年前、彫刻家林通雄氏が言っていた言葉が今でも強く心に残っています。
ひょんなことで知り合った林さんが県知事賞を受賞した年、会場でお会いしてそのまま私たちと遊びに行ってしまったことがあります。
(林さんは授賞式をすっぽかしたんではなかっただろうか)
その時、おっしゃっていたことです。

「何で朽ちていく鉄で作るんのか?」と皆に言われる。朽ちていくからいいんじゃないか。作品なんて残すもんじゃない。

それからずっと経って、駒ヶ根クラフトフェアで再開しました。
鉄の工芸家になって自由気ままに暮らしていらっしゃるようです。
もちろん今も。
一度、小諸の「ギャラリー麦草」をお訪ねしたいと思っているのですが。
「ギャラリー麦草」のサイトには、多分その時の受賞作品らしき物も載っています。
真っ赤にさび付いて。。。

駒ヶ根で購入させていただいた林さんの工芸作品です。

P11407991_2

 

風で揺れ動く、まさに「遊び」そのものの世界です。 

                                         (by はなこ)

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ    ランキングに参加しています。
にほんブログ村   よろしかったら応援のクリックお願いします。 

2014年8月25日 (月)

プロジェクト2017始動~フィンガーペインティング~下~

完成です。

P11407942

 

題名はさしずめ「プロジェクト2017始動」といったところでしょうか。
心なしか、混沌としていますね。やはりこれが今の心境でしょうか。

自ら久しぶりに絵を描いてみて思ったことは、
「始めるまでが大変!」ということです。
ほんの制作時間30分ほどの絵なのですが、用具を準備するところから自分で自分のおしりをたたかなくては、なかなか始められないのです。

始めてしまえば、だんだん描きたい感じが出てきて楽しくなってくるのですが、後半また少し苦しくなってきて、「気楽にやろうぜ」などと自分に言い聞かせて、完成としました。
できは、今一かな。
写真撮りながらだったから、入り込めていないところもあったように思います。
途中ポチが「ごはん、ごわん、わんわん。」と鳴き始めたりして集中切れたし。
ちょっと描き過ぎて最初の躍動感がなくなってしまいました。

もへじの手紙にも「そろそろ絵をかかなきゃという思いが強くなり・・・」とありました。
そう、なぜか「かきたい」というより、「かかなきゃ」なんですよね。
こんな、「~しなくては」などという思いで何もやることないと思うんだけど、この辺の矛盾した気分、うん、そうなんだよねと思います。

やりたい思いがあっても、途切れていたことを開始するには、せえのでもってというエネルギーが必要です。
始めてみれば用具もすぐ手元に置かれ調子も出てきます。
凡人は悲しいかな、この辺は人とのつながりというかちょっと義務感がないとエネルギー出せないんだと思います。

フィンガーペインティングは、技法としてやはり洗練されていないので、深めていくものではないです。
でも、とっかかりとしては一番。
まさに初心に戻って遊び心でいかがでしょうか。

P1140790

というわけで、自らのおしりをたたき、もへじのおしりをたたき、そして何が生まれてくるのでしょうか?
                                         (by はなこ)

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ    ランキングに参加しています。
にほんブログ村   よろしかったら応援のクリックお願いします。  

 

2014年8月24日 (日)

プロジェクト2017始動~フィンガーペインティング~上~

フィンガーペインティングは、読んで字のごとし、指で描く絵です。
使用するものは、絵の具(ポスターカラー)とやまとのり。
あとは、パレット、水入れ、古タオル、描く紙です。

ポイントは、やまとのりを適宜混ぜるということです。
やまとのりを混ぜると不思議な触感と透明感が得られます。
これがポイントです。
指で描くので、あまり考えなくても手が動いて何かが表れてきます。
無意識的な心のイメージを出すのにぴったり。
確か心理学の手法だと思いますが、イメージトレーニングとしても使えると思います。

P1140784

P1140786

P1140787

(つづく)
                                      (by はなこ)

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ    ランキングに参加しています。
にほんブログ村   よろしかったら応援のクリックお願いします。  

2014年8月23日 (土)

プロジェクト2017始動~やはり何を描くか~

Yさんからお便りが来ました。

『ユメノツバワサ』から思う~ を読んでいろいろ私の思っていることもまとめてくれてありがとう・・・です。
思うことは大事で、思うことを言葉にすることはもっと大事なんだと感じています。
・・・で ~ふくらむ妄想~編から気がついたというかわかったというか目からウロコということが!!

数年前から絵をかきたいな・・・とかそろそろ絵をかかなきゃという思いが強くなり もともと文具・画材が好きなので、スケッチブックや鉛筆やイーゼルとか買ってみたりしたけど、さて何をかこう・・・
というところでいつも止まってしまって、かきたいモノがないぞ、作りたいイメージがないぞ、そもそも作品とか・・・形あるものなんてあまり残したくないぞ・・・と考えていました。
・・・でこの間“2017夏”の話になった後もどうしよう・・・何をしたら・・・と実は迷いの森にズブズブと入っていきそうだったのです・・・が。
あのスイカの椅子をみたとたん、パリパリパリーン!と結界が解かれた音が!!
そうだよ。遊べばいいじゃん!!
こんなことを忘れていたとは・・・
こんな楽しいことに気づかないていたとは・・・!!
てことで、遊ぼうと思います!
・・・ということが決まったのでした。私の中で。
いや具体的には・・・まだ何にもなんだけれど。
妄想の種はまかれた!わくわく。
今さらsweat01おくればせながらsweat01

ということで、はなことしてはちょっとうれしく思いました。
で、意気を得て、いよいよ「プロジェクト2017」を立ち上げようかと・・・
何しろ、ン十年もあっという間なので、3年も、ぼぉっとしていたらあっという間に過ぎてしまうのは、目に見えています。
何かしら形にしていかないと。。。
で、まずYさん改め「もへじ」さんに。
というか、「『さん』なしで」というご要望ですので、これから「もへじ」と呼ばせていただきます。
「はなこ&もへじプロジェクト」・・・ううっ渋い!!

で、お手紙から思ったのは、やはり材料より題材だったのか・・・ということです。
何を描くか・・・と・い・う・こ・と。
「遊べばいい」とインスピレーションを得てもらったのはいいけど、じゃあどうやって遊ぶの?って、またハードルが。。。

そ・こ・でsign01必殺アイテムがsign03
ひとよんで「フィンガーペインティング」

P1140778

P1140780

P1140782

                        (続く) 
                                     (by はなこ)

にほんブログ村 美術ブログ 創作活動・創作日記へ    ランキングに参加しています。
にほんブログ村   よろしかったら応援のクリックお願いします。  

2014年8月15日 (金)

「ユメノツバサ」から思う~ン十年前の絵葉書~

そうは言っても、やっぱり整理整頓からでしょ~と、お片づけを始めてみました。
すると・・・、なんとビックリsign03
Yさんからン十年前にもらった自作絵葉書が出てきました。
確か結婚式の挨拶用だったような・・・

P11407471_2

                                                            (Yさんの許可を得て掲載)

そして、さらにビックリしたのは、その葉書の文面。

 「『やろうやろう・・・』と言うばかりで
  ちっともできない○○展。
  30才まえにはぜひ・・・ と思いませんか?
  これからもお互い良き刺激剤でありたいものです。」

30才前sign02~Σ(`0´*)
この頃、まさかこの数字が「ン0才前」に変わろうとは、夢にも思っていなかったわね。
そして、そんな年まで夢がくすぶっているとも。。。
ずいぶん年が巡ってしまったけれど、やっぱりこの夢は今に始まったことじゃなかったんだ。
夢をもっていたことさえ忘れていた年月。
仲間のSさんのお見舞いで久しぶりに会って、それが昔の夢に引き戻されるきっかけになったんだね。
Sさんの最期の贈り物なのかも。。。
もう、これは絶対やるよsign03
また、アイデアも出てきたし・・・

                                       (by はなこ)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。
           よろしかったら応援のクリックお願いします。     

2014年8月12日 (火)

「ユメノツバサ」から思う~ふくらむ妄想~

ホントに、Yさん、ごめんなさい。
はなこの妄想だけがふくらんでいるのかも。。。

でも、Yさんも水彩画を始めてみようと思っているというし。
Yさんの水彩画とたろうの額縁のコラボなんてどうよ~

実ははなこもひらめいたのよ!!
チープな木で作ったたろうのいすにペイントするの。
その時の気分に合わせた模様入りチェア。
インスタレーション的にだだーっと並べる。
他にも、手作り品をインスタレーションする。
「なんでもつくればあーと展」

というわけで、早速イメージスケッチ(塗り絵)してみました。

ホントの思いつき。
左はモネ風いす。右は見たとおり。

P11407261

頭にあったのは違う感じの模様だったのに、描いてみたらこんな風。
実は、描こうと思ったら色鉛筆が出てこなくて、おまけでもらった6色の色鉛筆で描いたから、とってもシンプルになってしまった。
でも、意外と制約された中でおもしろいものが出てきたかも。
(心の声が「まず整理整頓だろ~」と言っています。。。)

ゴールを決めればアイデアなんてどんどん出てくるわ。
場所はすでにA館を想定して。
あそこは広くてブースの区切りもあるから、場所毎にイメージを作れるし。
って、使用料も調べてないのに、やっぱり妄想だけがふくらんでいます!!

                                  (by はなこ)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。
           よろしかったら応援のクリックお願いします。

2014年7月 4日 (金)

すてきなイラスト

久しぶりに会った友人から、娘さんがイラストレーターとして活躍されていると聞きました。
イラストの一部分です。

Photo

メインの部分は今風の女の子のイラスト、背景はすごい描写力です。
今風のイラストにはなじめぬおばさんもうならせる画力です。

実はこの娘さん、子ども時代には超マイペースで手を焼かせたそうです。
でも、絵が得意だったので中学生時代からアートスクールに通わせたとのことです。
普通だったら学習塾に通わせるところですが、世間並みに育てようとするんじゃなくて得意なことを伸ばそうとしたのがすごいなと思います。
絵画としての基本に裏打ちされているせいか、とても深みを感じさせる画風です。

春には娘さん持ちで一緒に古都の旅をしたそうです。
娘さんは取材も兼ねてとのこと。
日本古来の風物と現代感覚を合わせた作品は、他にはない魅力を持っています。
お仕事がどんどん舞い込んでいるとのことで、今後が楽しみです。                

                                             (by はなこ)ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。
           よろしかったら応援のクリックお願いします。

 

2013年8月22日 (木)

川村記念美術館~フランク・ステラ~

一度見てみたいと10年越しで想っていた千葉県佐倉市の川村記念美術館。
お目当ては、フランク・ステラ。

絵画を立体にしちゃったという「アカハラキシチョウ」や「スフィンクス」の作品をずっと見てみたいと想っていたのです。

先日、所用で首都圏を訪ねた折、思い切って千葉まで足を延ばしました。
(と、書きましたが、実はお盆前のこと)

これは、美術館の建物の前にあるステラの野外彫刻「リュネヴィル」

P1010015

P1010010

「リュネヴィル」って何のことかなと思って調べてみたら、フランスの地名ということでした。
でも多分、その地域に関する作品というのではなく、「リュネヴィル」という言葉の響きが、この作品を表しているように思います。

館内の立体絵画作品は壁に飾られていますが、1mくらい色々な部品が組み合わされてせり出しているのです。
彫刻と言った方がよいのかもしれないけれども、色彩の美しさはまさしく絵画。
裏の方のほとんど見えないところまで、カラフルな彩色がなされています。
そして見る角度によって色々な見え方をします。
ステラの作品は、見ていると心がスカッとします。
こたろうにも見せたかったな。多分こたろうもこういうのは好きだと想います。

川村記念美術館は、池のある庭も美しく、所蔵作品もビッグネームばかり。
入ってしばらくは、ルノワールだのピカソだの知らない人の作品はありません。
そして、「線」をキーワードにした企画展示。
「線」と言えば、どちらかというと抽象的な現代美術作品という感じです。
その中に、なぜか美術館の目玉作品である「レンブラントの肖像画」。
大胆な展示だわ~!
最も線的な表現から遠く見えるレンブラントの表現。
写真のような色面と色面の境目が輪郭線という線なんでしょう。
もろ「線」という作品もあれば、「線」を感じられないところにも線があるという見せ方。
そして、「線」の作品群には、様々な表情が感じられて、とても興味深く感じられました。

行ってよかった川村記念美術館confident

ステラの作品                               
                                       (by はなこ)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。
           よろしかったら応援のクリックお願いします          

2013年1月16日 (水)

大阪へ行ってきました~太陽の塔2~

これは、大阪万博記念公園のガチャで、ゲットした海洋堂のフィギュア。
「岡本太郎アートピースコレクション」第2集。
岡本太郎の作品のミニチュアです。
左から「若い太陽の塔」「リボンの子」「梵鐘(歓喜)」

P11002101_2

若い人も喜んでガチャしていました。
というより、岡本太郎はむしろ若い人に人気があるようです。
むしろ、若い人は岡本太郎のテレビ出演を知らないから「へんなおじさん」のイメージがなく、純粋にアートとして見られるのでしょう。

大阪万博のテーマ「人類の進歩と調和」に反逆して構想した土着のイメージから成された「太陽の塔」。
土偶の未来形といった感じです。

P1100170

賛否両論があった中、これだけ奇異なものをおったててしまったパワー。
そして、40年経った今でも残っているものは、ほぼこれだけ。
これぞ本当の前衛(芸術)。

そして、記念公園に向かうモノレールの窓から見た太陽の塔は、「千と千尋」の「カオナシ」に似ていた!!
この写真からは反っくり返っているように見えるのですが、遠くから見た側面は、あごを突き出した猫背気味のように見え、それが、カオナシのイメージだったのです。
潜在的な影響を与えていたのではないでしょうか。
千と千尋に登場する神々も土着の神々だし。
そして、岡本太郎の作品はアニメ的なイメージもあるように思います。
岡本太郎の父親は、当時一世を風靡した漫画家であったので、そういった血は流れているのではないかと思われます。

実は、前に立った時、思わず拝みたくなってしまいました。
なぜか敬虔な気持ちにもさせられ、くよくよすることがばからしくなるような清々した気持ちになりました。

実は、我が家は岡本太郎がけっこう好きなんですね。
こたろうは「リボンの子」のフィギュアをとても気に入り、部屋にかざっています。

                                    (by はなこ)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  ランキングに参加しています。
           よろしかったら応援のクリックお願いします。

2014年11月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30